太陽光発電

田や畑で太陽光発電を行うためには、農地転用をする必要があります。それらは、農地という地目が設定されているため、そのままでは自由に家を建てたりすることができません。その地目を雑種地のような地目に変更してからでないとできません。

農地は農業用に使われる土地です。あるいは耕作の目的に供される土地のことです。これを規定しているのが農地法になります。その農地法の壁を取り払い、農地転用を実現させるために以下のような申請が必要になります。

農業振興地域(県が指定)

農業振興地域」とは今後相当期間(概ね10年以上)にわたり、総合的に農業振興を図るべき地域であり、その指定は国が定める「農業振興地域整備基本方針」に基づいて都道府県知事が行う。これに対して、農用地区域は、市が指定します。農用地区域とは農業振興地域内における集団的に存在する農用地や土地改良事業の施行にかかる区域内の土地などの生産性の高い農地等、農業上の利用を確保すべき土地として指定された土地です。農用地区域に指定された土地は農業上の用途区分が定められており、原則としてその用途以外の目的に使用することはできません。農業以外の目的で使用する場合には、農用地区域からの除外(農振除外)が必要になります。

農業振興地域は、農用地区域と農用地区域外とに分けることができます。

農用地区域は農地以外の土地利用が厳しく制限されています。

農業振興地域内農用地区域内農地を青地と言い、農業振興地域内農用地区域外農地のことを白地と言います。この白地は農地の集団性が低く、土地改良事業を実施していない等の理由から青地指定がされておらず、青地と比較すると農地以外への規制は比較的緩くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

農地法4条許可申請

自己所有の土地を農業(耕作)以外の目的で使いたい場合に行う手続き

農地法5条許可申請

他者が所有する農地を取得し、農業以外の使用目的で使いたい場合に行う手続き。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA