地縁団体とは

今回、とある田舎の所有者が亡くなってから数年来放置されてきた農地や家屋を売却する際、地縁による団体という存在を知ることになりました。

これまで地域の自治会等が法人格を有することが、認められていませんでした。このため、自治会や町内会などの「地縁による団体」が所有する集会所などは団体としての不動産登記が認められていなかったために、会長等が代表となって個人の名前で不動産登記がなされてきました。地縁とは同じ市町村区域に住むことで形成された団体のことで、具体的には自治会や町内会などがあたります。

しかし、この制度の問題点としてその登記名義人が死亡していたり、転居していた場合において、名義変更したり、相続できない問題が生じていました。また、その名義人に債権者がいたような場合などにおいて、財産の差押え等の問題が起きることもありました。

このような問題に対処するために、地縁による団体が一定の要件を満たせば法人格を取得し、法人名義で上記の集会所の土地や建物といった不動産を登記することが可能になっています。これは平成3年4月の地方自治法の改正によるものです。

今回対象物件の内の数筆はその地域の山林でしたが、それを認可を受けた地縁団体で登記し、第三者への売買契約を成立させることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA