建ぺい率・容積率とは

建ぺい率と容積率って何でしょうか。これらの規定は、土地の上に建物を建てる場合は、個人が自由に建てることができず、建築基準法に則った規制にしたがい建てる必要があります。とりわけ建ぺい率と容積率は、住宅を建てる場合に非常に重要な割合なので、しっかり理解しておく必要があり、住宅を建てる際にはぜひ知っておきたい数字です。まず建ぺい率から見ていきましょう。

建ぺい率って何でしょうか

 

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合を示し、次の式で表されます。

上図の例で建ぺい率を計算してみましょう。

建ぺい率=60 ㎡÷100㎡×100(%)=60%

建ぺい率は用途地域によって定められており、その組み合わせによって30%~80%で規定されています。

容積率って何でしょうか

 

 

容積率とは、敷地面積に対する建築延べ面積の割合を示し、次の式で表されます。

上図の例で容積率を計算してみましょう。

容積率=(100㎡+100㎡)÷200㎡×100(%)=200%

 

建ぺい率・容積率以外の建築制限

建ぺい率や容積率以外にも建築基準法上の規制を受ける場合があります。主なものは、斜線制限と日影規制ですが、それ以外にも用途地域ごとに規制を受ける場合があります。

斜線制限

斜線制限とは、建築物の高さ制限の一つです。建築物の高さは道路の境界線等から上方向斜めに引いた線の内側に入らなければならないという制約です。この中には、道路斜線制限、隣地斜線制限および北側斜線制限があります。

日影規制

日影規制とは、建築物の高さ制限の一つです。北側(隣地の南側)の敷地の日当たりを確保するための制限です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA